バリのスーパーで買った「indofood」ナシゴレンの素を使ってみた。作り方も解説!

シェアする

indofood ナシゴレンの素 粉タイプ

バリのスーパーマーケットでお土産としてマストバイな、「インドネシア料理の素」。

私も御多分に漏れず、さまざまな料理、ブランド、形態のモノを購入しました。

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

さて、そんなインスタント食品たち…前回記事にした「FINNA アヤムゴレンの素」に続き、今日お届けするのは「indofood」というブランドの「ナシゴレンの素(パウダータイプ)」!

その作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ちなみにここで買いました

バリ島のスーパーマーケットならば、たいていどこでも買える「インドネシア料理の素」。

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

有名どころは「KOKITA」、「FINNA」、「LaRasa」、今回ご紹介する「indofood」、味の素がインドネシアで製造している「Sajiku」あたりでしょうか。

とにかくたくさん並べられています。

ビンタンスーパーマーケット

私はスミニャックにあるビンタンスーパーマーケットという場所で購入。ウブドにもあるスーパーです。

今回GETしたのは「indofood社」の「Bumbu Racik」シリーズの「Nasi Goreng」

そして、私が実際に購入したのが、「Indofood」が出している「Bumbu Racik」という調味料シリーズ。

さまざまなインドネシア料理がカンタンに作れる人気シリーズなんですが、今回はコチラのナシゴレンの素を。

indofood ナシゴレンの素 粉タイプ

これは、よくガイドブックに掲載されているペーストタイプの物と違って、粉のタイプになっています。

indofood ナシゴレンの素 粉タイプ

お値段もかなり安く1袋18円くらい。

インスタント食品 インドネシア料理の素 粉かペーストか

ナシゴレンの素 使ってみました

約2人前くらいのご飯を用意。実際に作ってみました。

まず、冷蔵庫に余っている食材(たまねぎ、豚肉、エビ)を炒め、

インドネシア ナシゴレンの素 作り方

そこへご飯と溶き卵、ナシゴレンの素を投入。

インドネシア ナシゴレンの素 作り方

最後に、目玉焼きや、これまた冷蔵庫の中で余っていた野菜をのっけて完成~。

indofood ナシゴレンの素 ブログ 口コミ

想像よりもマイルドな味で食べやすい!お子さんにもオススメ出来ます。

もっと美味しい使い方?!

という風に、基本的には、「ご飯、溶き卵と一緒に炒める」というシンプルな使い方でオウケイなようですが、裏面の説明書きを翻訳(by グーグル翻訳アプリ)してみると、どうも、もう少し美味しい作り方が書いてある?様子…

インドネシア ナシゴレンの素 作り方

色々検索してみたところ、現地の方がアップしているyoutube動画を発見しました!
↓こちらの動画によると…

アイコンオイルで好きな食材(ガーリックやお肉、野菜、海鮮)を炒める
アイコンそこに卵を2個投入にさらに炒める
アイコン卵がやや固まりだしたら、ご飯とナシゴレンの素を入れ混ぜ炒める
アイコン最後にケチャップマニスで仕上げ!

てな作り方で紹介されていました。

なるほど…ポイントはケチャップマニス!!

こちらも、スーパーマーケットで一緒に購入しておくと、後々便利そうですね。
もちろん、醤油と砂糖などでも代用可能かな、と思います。(日本風になりそうですが・笑)

まぁとにかく、どんな風に作っても、それなりに美味しくなるナシゴレンの素。
バリ島に行ったなら、ぜひぜひGETしてみてください。1袋20円しない上に、サイズも小さく嵩張らないのでバラマキ土産としてもオススメです。