女子は絶対好き!インドネシアの焼きそば「ミーゴレン」。オススメ食堂も

シェアする

スミニャック ミーゴレンの美味しい店

バリで食べる地元料理として、焼き飯「ナシゴレン」と並んで人気なのが焼きそば「ミーゴレン」ですね。

最近は日本でのエスニック料理ブームもあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

インドネシアでは、もう、どこのホテル、レストラン、ワルンに行っても、必ずと言っていいほどミーゴレンが用意されています。

スポンサーリンク

ミーゴレンとは

インドネシアをはじめとし、マレーシアやシンガポールなど東南アジアエリアでよく食べられる焼きそば

「ミーゴレン・アヤム(鶏)」「ミーゴレン・ウダン(エビ)」など、トッピングの具材によってメニュー名が複数あるワルンも。

味付けのポイントは独自の調味料

インドネシア バリで食べる料理の独特な美味しさの秘密は、「ケチャップマニス」と「サンバル」という調味料。

ケチャップマニスとは、日本のケチャップとは全く別物で、「甘い」「ソース」という意味。
サンバルは、辛味調味料。

ケチャップマニス サンバル

現地でミーゴレンを食べて「この味、これってどうやって作ってるの?!」とその美味しさに感激しつつ、味付けが気になってしょうがなかったんですが、この2つがポイントだったんですね~。

この2つは、バリに行ったらばお土産にもおススメです。
スーパーなどでGETしましょう~!

hevenホテルスミニャックのミーゴレン

ミーゴレンが食べられる!おすすめレストラン

ミーゴレンは、バリのほとんどのレストランで食べることができます。
なので、立ち寄りやすい食堂で…ですがせっかくなのでオススメもご紹介しておきますね。

ワルンミンピ(スミニャック)

スミニャックにある「ワルンミンピ」は、バリに住む外国人に愛されるワルン。

「勝手知ったる」という様子で、食事を楽しむ欧米の皆さんと一緒に、絶品のナシチャンプルとミーゴレン(ライターオススメ!)を食べましょう♡

グーグルマップで開く

ライターの体験レポは「バリの食堂「ワルン」で絶品ナシチャンプルとミーゴレンを「warung Minpi」」の記事からどうぞ。

ワルンミンピ ブログ 口コミ

ワルンビアビア(ウブド)

ショップがたくさん並ぶゴータマ通りに面した、観光客に人気のお洒落食堂「ワルンビアビア」。

インドネシア料理だけでなく、バリの郷土料理、伝統的な出来立てスイーツなども人気のワルンです。なんと、漢方入りジャムードリンクまで!

Jl. Goutama No. 13, Padangtegal Kaja, Ubud、Kec. Gianyar、Bali、インドネシア
+62 361 978249
グーグルマップで開く

ミー88(各地)

チェーン店?という言い方でいいのかな、各地にある「ミー88」はその名のとおり、麺料理の専門店。
いろんなアレンジメニューがあるので、在バリ中、複数回通っても◎

お土産にも買って帰ろう!

さて、そんなミーゴレンですが、お土産に買って帰る事もできますよ♡

バリのスーパーマーケットやコンビニで買えるインスタントラーメンは、「段ボール箱で買ってもいい!」と、いうくらい美味しい物がたくさん。

というのも、インドネシアって、日本よりもずーっとインスタントラーメンの消費量が多い国なんです(笑)それだけ研究され、そしてブラッシュアップされたプロダクトが多くあります。

ミースダップ カップ麺 ブログ 口コミ

袋タイプ、カップタイプ、どちらもあります。

インドネシアで人気なブランドは「Indo mieインドミー)」と「Mie sedaapミースダップ)」。迷ったときは、このどちらかを買っておけば間違いありません。

ミースダップ カップ麺 ブログ 口コミ

私が購入したミースダップのミーゴレンは、別添でサンバルやケチャップマニスなどがついた超本格派!

バリのワルンで食べたミーゴレンと遜色のないおいしさでした。(マジで)

こんな楽しみ方も、ぜひ。

さらに、日本で楽しみたい方は

インドネシアに行く予定ないのよね~、時間ないのよね~、って方は、ぜひお近くの成城石井を覗いてみて。

成城石井 ミーゴレン

色々売ってると思います!

上の写真の「シンガポール風甘辛五目焼きそば」は、「クエティアウ・ゴレン」↓という平たい米麺を使った物に近いかな?
とにかく、この周辺の麺料理を体験する事ができます。日本にはあまりない味付け。でも日本人の口にも合います!

スミニャック ミーゴレン

というわけで、今回は「ミーゴレン」のご紹介でした。

このサイトでは、インドネシア料理、バリグルメに関して色々ご紹介していますので、その他の料理についてもぜひご覧になってくださいね♡