何これ…?バリのコンビニで買った「3本足の水」は便秘にきく?

シェアする

larutan cap kaki tiga

海外旅行に行くと、必ずその土地のコンビニをチェックする私。

とにかく「なんだコレ…?!」という物を買っては、その無駄遣いに脱力したり、マズさに顔をしかめたり、時にはガッツポーズしたり…と異国のプチトラブルを楽しんでおります。

さて!

そんな私が今日ご紹介するのがコチラ。

ジャムー 水 コンビニ

バリのコンビニ「MINI MART」で見つけた、謎の水「Larutan Penyegarランタン プニュガル)」。

この記事は、「【まとめ】バリに行ったら飲みたいドリンクBEST5 」のページでも紹介されています。
スポンサーリンク

ジャムウについて知ろう

実は、この謎の水について知るには、大前提として、インドネシアに根付く民間療法「ジャムー」の事を理解する必要があります。

ジャムー」のことをもっと知りたい!という人は、「魔女たちの医学 インドネシアの民間薬ジャムー」の記事をご覧ください。

これは、インドネシアのジャワ島から始まった、古来から伝わるハーブを使った健康・美容法

この土地の日常に深く関わっていて、民間薬だけでなく食事やマッサージもその流れを汲んでいます。

で、LARUTAN PENYEGAR(ランタン プニュガル)って結局何?

というわけで、すでにお気づきかと思うのですが、今回ご紹介しているランタン プニュガルは、そんなジャムウ商品の1つ

スーパーやコンビニの清涼飲料水コーナーにおいてあるのが普通なのですが、現地の人は、やはり薬に近いものとしてとらえているそう。

何にきくの??

薬に近いものだとしたら、いったいどんな効果が期待できるかというと…

バリ コンビニ 水

咽頭炎、口臭、便秘、牙〼炎(訳せてませんがたぶん口内炎とか歯肉炎だと思います…?)、などのタイミングで飲むと良いんだって!

「風邪のひきはじめ」に飲むなら、コレ。

飲んでみました!

こちらの商品、ペットボトルタイプは普通の水のように無味無臭なのですが、350mlの缶の方には、味がついていました。

私が購入したのは、メロン味とイチゴ味。
どちらも、子供のころにお祭りで飲んだような安いジュース(?)から甘さだけ残し、さらに薄めたような味…。

美味しくはないですが、なんだか懐かしい気持ちに…(笑)

larutan cap kaki tiga

ロゴは3本足

ちなみに、缶に書かれている「CAP KAKI TIGA」というのは、「三本足マーク」というような意味のようです。

どんな由来なんでしょうか。風車のように、三本の足が回転してるようなロゴですね。日本だとなんかちょっと危ない気もしますが。

ちなみにこの他、サイのイラストが描かれている物もあります。
別会社の商品だそうですが、中身は同じようなもの。

バリ滞在中に、「なんか体調悪いな~~」「喉痛いな~」と思ったら、スーパー&コンビニで、LARUTAN PENYEGAR(ランタン プニュガル)を買ってみてくださいね♡