【まとめ】プッと笑えるバリの「ネタ土産」を集めてみました。

シェアする

バリ スターバックス トートバッグ

バリ島には、「東南アジアらしい」ちょっとキッチュで、プッと笑ってしまうプロダクトが多数存在します。

日本人が見て、「なんか…懐かしい(笑)」と思ってしまうような、怪しげな物たち。

というわけで、この記事ではそんな、バリの「ネタ土産」にスポットをあて、それらを紹介、まとめてみました!

みやげもの屋さんのトートバッグ

観光地などにある、「ザッツ・みやげもの屋」という感じのショップで販売されているトートバッグ。

ビンタンビール グッズ

バリでのシェアナンバーワン「ビンタンビール」のロゴがデザインされたものや、冒頭写真のスターバックスのモノ…

どう考えても、アンオフィシャルなチープさがたまりません(笑)
生地、ペラッペラです。

サークルKグッズ

バリのコンビニ事情の記事でもチラリと書いたのですが、バリ島にはサークルKがたくさんあります。

そしてそこのオリジナルグッズもこれまた、なんだか力が抜けてしまうデザイン。

サークルK オリジナルサンダル

「なんでわざわざバリに行って、このサンダルを買ってきたの?」と、みんなに突っ込まれましょう。

変な置物

スーパーマーケットなどの観光客向けゾーンに置かれている、謎の置物たち。

ホコリをかぶった、汚い状態のものがズラズラと並んでいます。
そして、しかも妙に重い。スーツケースに入れて日本に持って帰る…考えただけでやや気が重くなるようなネタ土産です。

バリ 象の置物

でも、結構可愛いんですよね(笑)
気に入ったデザインのものがあれば、ぜひ。

×××な雑貨

バリの地では、男性のシンボルをかたどった雑貨や、置物をたくさん見ました。

何か、信仰の対象だったりするのでしょうか。

男性シンボル 栓抜き

こちらもまた、スーパーマーケットの観光客向けゾーンに、バラバラと置かれていました。

色や柄の意味もまったく分からない。買ったところで誰も得しないネタ土産です。

ちなみに写真は栓抜きです。

男性向けジャムウ

このサイトで何度も紹介している、インドネシアの美容健康法「ジャムウ」

ハーブを使った民間薬や、マッサージ方法、石鹸などにその考え方が取り入れられ、現在では地元民だけでなく、観光客も喜んで、そんなジャムウ商品を買って帰ります。

男性が元気になるジャムウ

基本的に素晴らしい物なんですが、この記事でネタ土産としてご紹介するのは、精力剤っぽい?男性向けの商品。

もともと、バリの地にジャムウという考え方、民間薬が根付いたのも、宗教的に一夫多妻制が認められているという背景において、「女性が男性に飽きられないようキレイに居続ける」、また「夫婦円満でいる」…といった「夜の生活」のためという意味合いも強いんですよね。

なので、「ネタ」と言ってしまうのもおかしなモンなのですが、お土産に差し上げるのはちょっとハードルが高いかな、という種類なので、ネタ土産としてランクイン(笑)

切手

ネタ土産…というか、「お土産にするには、ちょっと変わってるかな」というのが、切手です。

インドネシアの切手

ただし、その土地に行ったという証明にもなり、また、かさばらずに金銭的価値もある(笑)という、お土産にしてはかなり優れた品物。

たまには、こんなお土産も楽しいと思います♪郵便局の様子も興味深いハズ。

バリの郵便局

というわけで、「バリのネタ土産 まとめ」いかがでしたでしょうか。

普段とはちょっと違う、脱力系土産、ぜひチェックしてきて!