バリ土産に切手を買おう!インドネシアの郵便局に行ってみた

シェアする

バリ 切手 4000R

海外旅行の思い出として、「切手を買う」「日本(自分)へ手紙を送る」という選択肢、悪くない…悪くないですよね!

なんだか旅慣れているようで、かっこいいですし。

しかも、お土産として「かさばらない」「お安い」「一目でどこへ行ったか分かる」「金銭的価値がある」という、メリットしかないという…!

というわけで今日はバリで利用した郵便局と、インドネシアの切手についてご紹介したいと思います。

この記事は「【まとめ】プッと笑えるバリの「ネタ土産」を集めてみました。」のぺージでも紹介されています!
スポンサーリンク

バリの郵便局

さて、この日訪れたのは、スミニャック地区にあるビンタンスーパーマーケット横の小さな郵便局です。

(郵便局は、町を歩いていれば、いたるところで見かけると思います。)

pos indonesia bis surat

インドネシア語で「郵便局」を意味する「KANTOR POS」の文字が見えますね~。

インドネシアの郵便局は、朝の8時から夕方6時までが営業時間。
日曜日と祝日はお休みだそうです。

インドネシアのポスト

こちらがポスト。高床式(笑)だ!

こちらには、「pos indonesia bis surat」=「インドネシア郵便メールボックス」と書いてあります。

思い出に切手を買ってみました

郵便局の、やけに陽気で(そしてエロかった)おじさんに、「Stamp(切手)を買いたい」と伝えてみました。

バリの郵便局

そして出てきたのが、コチラ。

インドネシアの記念切手

インドネシアの記念切手

おそらく、「記念切手」という類の物だと思います。たぶんね…

観光客のために良かれを思って出してきてくれたんでしょうが、旅の思い出としてGETしたいのは、普通の切手!

という事で、再び「あなたたちがusuallyに使っているものがいいんだ」と私のプアイングリッシュで意思疎通を図る…

インドネシアの切手

そして出てきたのがコチラ!

これがポピュラーなものなのか、なんだかよくわかりませんが、裏にグルグルとボールペンで落書きされている様子や、ビリーっと乱暴に破られている事から、今現在usuallyに使われている物であることは間違いなさそう。

という事で…

バリ 切手 5000R

5000ルピアの物を2枚、

バリ 切手 4000R

4000ルピアの物も2枚、

インドネシアの切手 3000ルピア

3000ルピアの物は、絵柄がバラバラだったので、ちょっと奮発してたくさん。
おじさんが「この太鼓が入っている方がクールだぞ」とオススメしてくれたので、それだけ特別に2枚…、

それぞれ購入しました!

バリから日本へ手紙を出す方法

さて、私は切手をお土産に購入しただけなんですが、もちろん、日本へハガキ(や封書)を出したい!という方も多いと思います。

もしも、実際に日本へ手紙を出す方は、宛先に「JAPAN」と大きく記載し、はがきなら7000ルピア(約60円)、封書なら11000ルピア(約95円)を使い、郵送しましょう。

ポストがかわいくて思わず投函したくなるのですが、日本と比較して集荷がかなり不規則なようですので、利用せずに、私が利用したように直接郵便局へ持ち込むのが安心です♡

インドネシアのポスト

到着までには1週間ほど。

荷物が大きい(小包)の場合、もしくは急ぐ場合はEMSの利用がおすすめ。
こちらの料金は、ざっくりと、1キロ20ドル、2キロで30ドルほどみたいですよ。