【まとめ】バリのスーパーで買うべき「ナシゴレンの素」はコレ!選び方案内も。

シェアする

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

各種ガイドブックにも必ずと言っていいほど掲載されている「バリのグルメ土産のド定番」と言えば、「ナシゴレンの素」ですよね。

「何種類か買って帰ろう!」と決めている方も多いと思います。

しかーし、あまりにも種類が多いために「どれを買えばいいのかわからない」という声も。

というワケでこの記事では、おすすめのナシゴレンの素、その選び方についてご紹介したいと思います!

この記事は、「【総まとめ】バリ島で買うべき女子おみやげ」のページでも紹介されています!
スポンサーリンク

さまざまな種類がある「ナシゴレンの素」

とりあえず、その品ぞろえを見てみましょう。

ビンタンスーパーマーケット

今回訪れたのは、スミニャックやウブドにあるビンタンスーパーマーケット

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

こちらがお目当ての棚です。
↓人気なものは、専用の棚も!

ビンタンスーパーマーケット KOKITA

ナシゴレンの素 オススメと選び方

さていよいよ本題。おすすめと、選び方についてご紹介したいと思います。

人気ブランドを知ろう

スーパーにあるのは、「FINNA」「KOKITA」「LaRasa」「indofood」「Sajiku」…このあたり。

インドネシア料理の素 ペースト

中でもお勧めなのが、以下3ブランドです。
それぞれの特徴を書きだしてみると…

FINNA」はバランスよく日本人好み、
KOKITA」はスパイシーながら塩味控えめ、
indofood」は、トラシが入ってクセがあり通好み

…という味の特徴がありますので、お好きなブランドを~。

粉かペーストか

さて、ブランドで選ぶほかに、その「形態」で選ぶという方法もあります。

ナシゴレンの素には、「粉タイプ」と「ペーストタイプ」の2種類あるんですよ。

インスタント食品 インドネシア料理の素 粉かペーストか

粉タイプ」は、安くてかさばらない
ペーストタイプ」は、美味しい

という特徴があるので、前者はバラマキ土産として大量買い、後者は自宅で楽しむための物としておまとめ買い…

てな選び方がイイのではないでしょうか!

それぞれ作り方はほぼ同じ。
みなさまもぜひぜひ、ナシゴレンの素、楽しんでチョイスしてくださいね~!

ちなみに…バリでは1袋20~30円くらいだったんですが、日本で買うと、だいたい1袋200円ほどになるみたい。

日本からも買いたいよ!という人は、以下のリンクから探してみて☆

アイコンAmazonで探す「ナシゴレンの素」
アイコン楽天市場で探す「ナシゴレンの素」