物乞いの村を救え!「ムンティグヌン」村おこし商品が美味しかった話

シェアする

ムンティグヌン地区 村おこし

バリ北東部にある「ムンティグヌン」地区。

この土地は、気候的にも地形的にも居住するのに向いていない上、産業がない…という大変厳しいエリア。

そのため、村人のほとんどが「物乞い」を生業としているという、バリの「影」とも言える状況がありました。

そんな村を救うべく立ち上がったのがスイスのNPO団体「Future for Children」とインドネシアの協力財団「Yayasan Dian Desa」。

そうして作られたのが、今回ご紹介する、村おこしプロジェクトによる商品です!

ムンティグヌン地区 パームシュガー

このプロダクトには、カシューナッツをはじめとし、ドライマンゴーや、以前ご紹介したロゼラティー、パームシュガーなど、「バリならでは」の名産品がたくさん。

バリのグルメ土産として、ピッタリのものばかりなんです!

特にカシューナッツは、バリの多くの高級ホテルで採用されているそうで、みなさんも女子旅の最中にどこかで見かけることがあるかも。

スポンサーリンク

ここで買える!

こちらのプロジェクト商品、特別な場所にしか売っていないのかと思いきや、なんと、観光地にあるスーパーマーケットなど、意外と手軽に購入することができます。

ビンタンスーパーマーケット

スミニャックやウブドにあるビンタンスーパーマーケットなんかで探してみて。

ムンティグヌンでは、食品だけでなくバッグなども作っているので、中には、お洒落なカゴ入りのセット物(ドライマンゴーや、ロゼラの花の砂糖づけ等)なんかもあって、楽しいんですよ。

私はパームシュガーを買いました

最近日本でも「美容にいいよ」なんていう事で、ちょっぴり話題の「パームシュガー」。

こちらをビンタンスーパーマーケットで発見!
購入してみました。

ムンティグヌン地区 パームシュガー

裏面の英語を訳してみたところ、

・北部バリ(ムンティグヌン)で、
・手作りで処理された、
・未精製の栄養豊富なパームシュガーである

という事がわかりました。

ムンティグヌン地区 パームシュガー

これがですね~、ほんと、尖りのない丸い味でして、美味しいの!

バリ島 椰子糖 パームシュガー ココナッツシュガー

やはり、ビンタンスーパーマーケットで購入した、ロゼラティーに入れていただいています。

よいお買い物でした!

皆様も、バリを訪れたならぜひぜひムンティグヌンのロゴを探してみて。
どうせ買うなら、こんなのがイイよね。