「KOKITA」ナシゴレンの素を使って、自宅でナシゴレンを作ってみた!

シェアする

KOKITA ナシゴレンの素 使い方

バリ土産のド定番。

スーパーマーケットなどで気軽に買える「ナシゴレンの素」。

このサイトでもシツコイくらいに(FINNAとか、indofoodとか。)この類の商品を紹介しているのワケなのですが、今回ご紹介するのは、おそらく一番ポピュラー?なブランドである「KOKITA」。

コレ、Amazonなんかでもよく瓶の商品が売っているので、日本で楽しんでいるっていう方も多いのでは?

というわけで今日は、そんなKOKITAのナシゴレンの素、使用&食レポをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

まずは買う!

バリのスーパーマーケットなら、どこででも手に入るナシゴレンの素。

ビンタンスーパーマーケット

私はスミニャックやウブドにあるビンタンスーパーマーケットを利用しました。
(その他、クタにあるパパイヤフレッシュギャラリー、ハイパーマート、カルフール、ウブドのデルタデワタなどでも。)

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

さまざまなブランドがずらり。

有名どころは「FINNA」、そして今回ご紹介している「KOKITA」、「indofood」。

それから「LaRasa」、味の素がインドネシアで製造している「Sajiku」なども人気のようですよ。

もちろん、「ナシゴレンの素」だけでなく、そのほかのインドネシア料理の素も色々とありましたよ。

辛口、甘口がある!

こちらがKOKITAの棚!
人気プロダクトだけに、ちょっと笑ってしまうくらい、同じ物がものすごい量が置かれています。

ビンタンスーパーマーケット KOKITA

…とよーく見ると実は、「HOT」と「MILD」の2種類あることに気付きました!

辛すぎるのが苦手、or 甘口が苦手、という人は気を付けてチョイスしてくださいね。

というわけで自宅でナシゴレンを作ってみました

この類の商品を使って、今まで何度か自宅ナシゴレンに挑戦してきた私、回数を重ねることにより、その方法がかなりブラッシュアップされてきました!(笑)

基本的には「ご飯に混ぜて炒めるだけ」なのですが、色々プラスすると美味しくなる☆

アイコンまず、冷蔵庫に余っている食材(たまねぎ、豚肉、エビetc)をニンニクで炒め、

アイコンそこへ、ご飯と溶き卵、ナシゴレンの素を投入します。

KOKITA ナシゴレンの素 使い方

アイコンさらに、インドネシアの醤油「ケチャップマニス」や辛味調味料「サンバル」もプラス!
もちろんこちらもバリのスーパーでGETしたもの。

KOKITA ナシゴレンの素 使い方

(ただし、今回使用した「KOKITA」は、ちょっぴりスパイシーで甘めっていう特徴があるので、サンバルは控えてもよさそう)

ケチャップマニス ナシゴレン作り方

アイコン最後に、お好きな生野菜と目玉焼きを乗せて完成~~!

自宅でナシゴレンを作ってみた バリ

こういったナシゴレンの素、一袋で、かなりの量のナシゴレンができます!
アバウトですが、半袋くらいで、大人4人でおなか一杯食べるくらいはできるハズ。

いや~、めちゃくちゃ重宝します。このプロダクト。

もっと買ってくればよかった!
バリでは1袋30円くらいだったんですが、日本で買うと、だいたい1袋200円ほどになるみたい。まぁこれでも安いっちゃー安いですかね?

アイコンAmazonで探す「ナシゴレンの素」
アイコン楽天市場で探す「ナシゴレンの素」

みなさまもぜひ、一度チャレンジしてみて!
バリに行く方はまとめ買い推奨~~~!