インドネシア料理に欠かせない調味料「ケチャップマニス」使ってます

シェアする

ケチャップマニス

「インドネシア料理って、なんでこんなに美味しいんだろう…?この味、どうやって作ってるの…?」

と、バリ滞在中、何度思った事か!

調味料に秘密があるな…と思った私は急いで調べ、「ケチャップマニス」と「サンバル」という、インドネシアの2大調味料を知りました。

今日ご紹介するのは、前者のケチャップマニス
とにかくインドネシア料理には欠かせないモンなんだとか!

アイコンケチャップマニス(Amazon)

この記事は「【まとめ】めっちゃ使える!バリで買いたい調味料BEST5 」のページでも紹介されています!
スポンサーリンク

ケチャップマニスとは?

日本で「ケチャップ」と聞くと、トマトを使った甘いアイツを思い出しますが、それとはまったく違う「ケチャップマニス」。

*そもそも、「ケチャップ」の本来の意味は「ソース」なんだそうです。

ケチャップマニス ナシゴレン作り方

ケチャップマニスは、大豆と小麦を発酵させた後、やはりインドネシアの名産品である椰子砂糖(パームシュガー)や塩、ハーブなどを加えてつくられます。

味的には、あま~くてトロリとしたお醤油のような感じ。

KOKITA ナシゴレンの素 使い方

とにかく、ナシゴレンミーゴレンなど、インドネシア料理には欠かせないもの!

私も、ナシゴレンの素などを使って自宅でお料理するときに、コチラで味を調えたりしています。一気に現地の味になるんだよねぇ。

ケチャップマニスを買おう!

バリ島であれば、どこででも手に入るケチャップマニス。最寄りのスーパーマーケットなどでチェックしてみてください。

一番有名なブランドは「ABC」社のものですが、昨年、「日本では許されていない保存料を使っていた」という理由で回収された…といういわくつきのブランド(笑)

もちろん、

現在日本では使用が認められていないが、EU、中国等では使用が認められている。今回の検出量は、通常の食べ方であれば健康に悪影響を及ぼすことはない

という事ですので、絶対に食べてはいけない!という事ではないのですが、気になる方は、「Bango」や「Sedaap」など、別の会社のものをチョイスしてくださいませ。

日本から通販でGETも可能です!

アイコンAmazonで探す「ケチャップマニス」
アイコン楽天市場で探す「ケチャップマニス」