旨い!バリで買った「FINNA」ナシゴレンの素。Amazonでも買えます

シェアする

インスタント食品 インドネシア料理の素 粉かペーストか

バリ土産としてマストバイ!」と数々のガイドブックで紹介されている「インドネシア料理の素」。

私も多数買い求めたことは、前回(インドネシア風フライドチキンの素)、そして前々回(1袋18円ナシゴレンの素)の記事でもお届けしたのですが、今日もまた(笑)そんなインスタント食品についてご紹介したいな~と。

FINNA ナシゴレンの素

今回ご紹介するのはコレ!ババン!

人気のブランド「FINNA」の「ペースト状態の、ナシゴレンの素」です。

ペーストタイプは、パウダータイプよりも少し高価(1袋40円くらい)なんですが、それ単独ですでにかなり美味しくて、作るのも簡単、というメリットがあります♪

「インドネシア料理の素」としてスーパーで買い求めるのなら、一番おすすめな商品ですので、ぜひ、記事の最後までお付き合いいただければ♡

スポンサーリンク

ちなみにここで買いました

バリ島のスーパーマーケットならば、たいていどこでも買える「インドネシア料理の素」。

バリのスーパーで買える料理の素 インスタント食品

有名どころは今回ご紹介している「FINNA」、「KOKITA」、それから「LaRasa」、「indofood」、味の素がインドネシアで製造している「Sajiku」などなど。

お料理の種類も、アヤムゴレン、ナシゴレン、トムヤムクン、ルンダン、ナシクニンなど、肉、ご飯、スープに使える物が何でも揃っています。

ビンタンスーパーマーケット

私はスミニャックにあるビンタンスーパーマーケットという場所で購入。ウブドにもあるスーパーです。
その他、クタにあるパパイヤフレッシュギャラリー、ハイパーマート、カルフール、ウブドのデルタデワタなどでも。

ペーストタイプのナシゴレンの素 使ってみました

作り方を解説するまでもなく、超簡単なのですが、せっかくなので一応(笑)

アイコンまず、冷蔵庫に余っている食材(たまねぎ、豚肉、エビetc)を炒め、

インドネシア ナシゴレンの素 作り方

アイコンそこへ、ご飯と溶き卵、ペーストタイプのナシゴレンの素を投入します。
パウダータイプと比較しても、他に何を加えることなく、これだけで十分美味しい!

FINNA ナシゴレンの素

ちなみに「FINNA」はバランスよく日本人好み、
KOKITA」はスパイシーながら塩味控えめ、
indofood」は、通好み…という味の特徴がありますので、お好きなブランドを~。

アイコン最後に、目玉焼き、お好きな野菜(トマト、きゅうりが定番)を乗せ、完成!

インドネシア ナシゴレンの素 口コミ ブログ

私、バリを訪れる前から、家で普通にナシゴレンを作ったりしていたのですが、これさえあれば本当に本格的で、美味しい物が超カンタンに作れるな、と気づきました。

便利すぎるーーっ。

まとめ買い推奨です!お友達へのお土産としてもかなり喜ばれるハズです。

日本で買うと、だいたい1袋200円ほどになるみたい。まぁこれでも安くていいですね。

アイコンAmazonで探す「ナシゴレンの素」
アイコン楽天市場で探す「ナシゴレンの素」