【まとめ】旅ライターが選ぶバリのコンビニで買いたいBEST5

シェアする

サークルK

バリ島にはものすごい数のコンビニがあります。

「バリの青山通り」と言われているスミニャック クロボカンエリアでは、おおげさじゃなく、青山よりも確実にその数は多い(笑)

インドネシアのコンビニ 特徴

スポンサーリンク

バリ島のコンビニ事情

無料Wifiが飛んでいたり、ちょっとしたイートイン施設があるコンビニもあったりして、今ではロコの憩いの場に。そのため、昔ながらの「よろず屋、雑貨屋」であるワルン↓の数がどんどん減っているんだそう。

よろず屋 ワルン バリ

アルファマート、インドマレットのほか、ミニマート、そしてサークルKなど会社もたくさん。(ローソンは撤退)

てなワケで、そんなバリ島のコンビニで買える「コレ、結構いいよ!楽しいよ!」というものを5つ、ご紹介したいと思います。

バリ島のコンビニで買いたい おすすめ商品はコレだ!

万能薬の類

まずお届けしたいのは、タイガーバームをはじめとする常備薬、万能薬などのカテゴリー。

バリ コンビニ コスメ

バリのコンビニには必ず、こういった商品が置かれています。
(幻の赤いタイガーバームは私もお買い上げ!)

しかも、インドネシア人の国民性?(割高でも、1回で払うお金が少ない方がイイ、と思ってるんだって)のおかげでミニサイズも置かれている為、観光客にも嬉しいんです。

Cap Lang

写真は、「Cap Lang(チャプラン)」というブランドの「Minyak Kayu Putoh」。
ティーツリーオイルですね。

ティーツリーオイルは、コスメフリークの女子の方ならすでにお使いかと思うのですが、バリで買ったら驚くほどお安い!抗菌作用と抗炎症作用があると言われているオイルです。

バリでも、万能薬として、おなかが痛いときにまで塗るんだって!(それは…効果あるの…?)

ジャムウの水

これも、知る人ぞ知る?商品だと思うのですが、「LARUTAN PENYEGAR(ランタン プニュガル)」という清涼飲料水が面白いです。

ジャムー 水 コンビニ

水…?なんだろうけど、その中身はインドネシアの漢方薬「ジャムウ」の考え方で作られていて、喉が痛いときや便秘の時、風邪のひきはじめなどに飲むんです。

ピーナッツ菓子

バリの人たちはピーナツが大好き。ガドガドなどのお料理に使うのはもちろん、おつまみとしても食べます。

バリ コンビニ スナック菓子

有名2大ブランドである「Mr.P」「Kaya King」はどのコンビニにも置かれているハズ。
塩味、蜂蜜味のほか、ガーリック味やスパイシー味など、その種類も多数!

日本ではちょっぴり高価なマカデミアナッツやカシューナッツも安価で◎

インスタントラーメン

インドネシアのインスタントラーメンはかなりレベルが高いです!(世界消費量2位)

ガッツリいろんな種類をまとめ買いするのはスーパーマーケットなどがおすすめですが、「ホテルでちょいと夜食に~」なんてタイミングであれば、コンビニに置かれている「POP MIE」はいかがでしょうか。

バリ コンビニ カップラーメン

柔軟剤

こちらもまた、知る人ぞ知る、かな?

インドネシアには、アメリカの「ダウニー」のような位置づけで、観光客からも人気を集めているMOLTOモルト)」というブランドの柔軟剤があります。

(しかも、先に書いた通り、1回使い切りタイプも充実!)

バリの洗剤、柔軟剤

これ、バリのリゾートホテルやスパを楽しんだ方ならわかると思うのですが、使ってみると「あ!バリの香り!!」と感じる、本当に素敵な香りなんです。

コンビニに行ったらぜひ袋タイプの物を数種類買って試してみて。

すでに使い心地をご存知の方は、詰め替えタイプをスーパーなどで。気になる方は、モルト、日本からもお取り寄せできますよ!

インドネシア バリ ミニマート店内

番外編 サークルKオリジナルグッズ

最後にちょっと笑える番外編を。

バリ島にはサークルKもたくさんあるのですが、そこで買えるオリジナルグッズが、なんだか力が抜けて、ネタ土産としておススメなんです。

サークルK オリジナルサンダル

しかも、インドネシアのサークルKは、日本のサークルKサンクスとは直接関係がないらしく(コンサルとしては関わっているという話も)、日本人が見たらロゴが絶妙に偽物くさく見える…、そんな事実もまたこのプロダクトの哀愁を誘っています。