美味!禁断のバリスイーツ「ピサンゴレン」とは?おすすめ食堂も。

シェアする

ピサンゴレン

ダダールグルン」や「エス・テレール」(かき氷)などと並び、「バリ伝統スイーツ」としてハズせないのが、揚げバナナ「ピサン・ゴレン」です。

サックサクの衣の中に、アツアツとろとろになったバナナ…

これを嫌いな女子がいるでしょうか?!(笑)

というわけで今日は、そんな「ピサンゴレン」について詳しくご紹介したいと思います。
おすすめの食堂についても♡

スポンサーリンク

ピサンゴレンとは?

「揚げ物大好き!」なバリの人たちに愛されているピサンゴレン。

そう!お気づきの方も多いと思いますが、インドネシア料理でよく耳にする「ゴレン」という単語は「揚げる」という意味なんです。

ピサンゴレン

一昔前の日本ではきっと「え?バナナあげちゃうの?」っていう感じだったとは思うのですが、今は、日本でもたくさんのエスニック料理店ができ、このスイーツも若い女性の間ではおなじみのものになっていますよね。

とはいえ!やーっぱり、インドネシアの地で食べるピサンゴレンは別格。
屋台などのローカルな味と雰囲気も、体験する価値あり!な旅の醍醐味。

ピサンゴレンに使うバナナは、熟しているものではなく、少し硬くて渋み、酸味が残るものを使うんだそう。
その方が揚げたときにちょうどよいすっぱさがプラスされて、美味しくなるんだとか!なるほど!

ピサンゴレンを食べられる場所

ピサンゴレンは、バリ島のどこででも食べることができる定番メニュー。

実は、「カキリマ」と呼ばれている移動式の屋台なんかでも食べることができます。(ロコにとってはこれが普通。)

ピサンゴレンが売られているのは、「ゴレンガン」(揚げ物、という意味)の屋台で、バナナの他に芋やテンペなど、様々な揚げ物が売られているんです。

さて、そんなカキリマのほかにも、せっかくなのでオススメのお食事スポットを2か所、ご紹介したいと思います。

ピスゴル(クタ)

デンパサール空港のエリアにあるお店「PISGORピスゴル)」。

こちらは「AYU NADIアユナディ)」というスーパーマーケットの敷地内にあります。お買い物のついでにぜひ。

住所:Jl.Dewi Sartika No.1, Tuban, Bali

グーグルマップを開く

ワルンビアビア(ウブド)

サレンアグン宮殿から徒歩数分という場所にある「ワルンビアビア」。

ショップが多い通りにあるため、観光客が足を運びやすい人気のお洒落食堂です。

インドネシア料理だけでなく、バリの郷土料理、そして今回ご紹介したピサンゴレンのような伝統的な出来立てスイーツなどを提供しています。漢方入りジャムードリンクなども。

Jl. Goutama No. 13, Padangtegal Kaja, Ubud、Kec. Gianyar、Bali、インドネシア
+62 361 978249
グーグルマップで開く