インドネシアのえびせん「クルプック」にハマる!日本からお取り寄せも。

シェアする

kerupuk

東南アジアを旅していて、大好きになってしまった食べ物があります。

日本でも、居酒屋の”お通し”なんかでよく出てくる「えびせん」。
そうです。アレですアレ…。

さて、”アレ”の正しい名前は「Kerupukクルプック)」と言います。

kerupuk

日本にいるときは特に何の思い入れもなかった「クルプック」。
東南アジアの甘×辛×臭なお料理と一緒に食べることで、すっかり病みつきになってしまいました…(カロリー高そうなのにっ)

というわけで今日は、そんな「クルプック」について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クルプック そもそも何で出来ているか知っていますか?

クルプック(「クルプッ」と表記されることも)は、タピオカなどの粉に食材、または米などを混ぜ合わせ、乾燥させたもの。

生の状態は、まるで、韓国のトック(おもち)のような見た目です。
揚げると、ショワショワ~っと大きく膨らみサクサクに。

日本ではおやつ的な立ち位置のクルプックですが、バリでは料理の付け合わせとして親しまれています。

実はいろんな味がある

クルプックは、代表的なエビせんべいだけでなく、そのほか、カニだったり魚だったり、あるいは野菜なんかが使われている場合も!

とにかく色んなところで売られています

レストランでは、ナシゴレンやナシチャンプル、ガドガドなどのインドネシア料理に添えられて出てきますし、そのほか、本当に色んなトコロで売られています。

数種類のビニール袋にぎっしりと詰め込まれ、屋台につられていたり、または町のよろず屋(ワルン)にも↓こんな風に並べられていました。

バリ島 雑貨屋 ワルン

それぞれ色が違う…!様々な種類のクルプックなんでしょうね。

実は、日本からもクルプックが買えます!

最近のエスニック料理ブームから、ご自宅でナシゴレンやミーゴレンを作る方も多いと思います。

かくいう私もその一人。

スミニャック ミーゴレンの美味しい店
写真は、ワルンミンピで食べたミーゴレンとナシチャンプル

そんなタイミングで、クルプックを合わせて食べられたら…きっと幸せ。

という事で、総合通販サイトなどで調べてみたところ…

なんと、あのFINNAブランドのものなど、インドネシアの商品がAmazonや楽天市場に♡
バリに比べるとかなり割り高(笑)ですが、これでいつでも、あちらの味「クラプック」が食べられる~。

ちょーっと高価ですが、生の物も売っているので、自宅で揚げたてを食べることもできますね。

みなさんもぜひぜひ、チャレンジしてみてください。

アイコンAmazonで探すクルプック

スポンサーリンク
バリ 持ち物 注意点 準備
バリ 女子旅 おみやげ
バリ島 美味しい物
バリ島 おすすめスパ
バリ おすすめ観光スポット